少年刑務所とはどんなところ?

 

gf1120209840m

 

 

少年刑務所とは家庭裁判所での少年審判によって、保護観察や少年院送致よりも、懲役や禁固などの刑罰を科したほうが良いと判断された者が刑事裁判にかけられて、実刑の判決が出た場合に収容される施設になります。

 

また、必ずしも未成年のみが収容されるわけではなく、26歳未満までが対象です。

 

しかし、現実には過剰収容となっており26歳以上の受刑者も収容されています。ちなみに女性の少年受刑者は成人の女性の受刑者と同じ施設に収容されます。
この施設の主な目的として、成人の受刑者と未成年の受刑者を分離して拘禁することにより悪風感染を防ぐことにあります。

 

前述した通り成人の受刑者も収容されていますが、居室は別となっています。

 

少年院よりは刑罰に重点を置いていますが、少年を主に収容することから通常の刑務所と比べると更生を強く目的とした改善指導が行われる傾向にあります。

 

ちなみにこの改善指導は収容されている成人の受刑者にも行われます。

 

また、初犯者と若年者が多いためか、受刑者同士のイジメも過激かつ極めて悪質なものが多いと言われています。

 

酷いものでは排泄物を食べさせたり、自慰の強要、立場の弱い者同士での性行為の強要などがあります。

 

 
慰謝料離婚.jp